sports information

無期限休止中・・・。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ 4-2 コスタリカ

得点
6'ラーム1、17'61'クローゼ2、87'フリンクス1(ドイツ)
12'73'ワンチョペ2(コスタリカ)

強者と弱者の典型的な試合展開だった。

強者が終始ボールを支配してゴールを狙うドイツ、弱者はカウンターを含め、数少ないチャンスをモノにしようとするコスタリカの図式。そして、データが示すように、コスタリカにはほとんどチャンスというチャンスがほとんどなかった。ドイツが試合開始早々、美しい一点目を決めてドイツ楽勝に見えた。だが4-2という派手なスコアになったのはコスタリカFWワンチョペの見事な決定力だった。

ドイツDFのお粗末なラインコントロールや微妙なオフサイド判定とは別にワンチョペのゴール前での落ち着き払ったプレーには驚かされた。焦ることなく、1点目も2点目も落ち着いて決めた。まさにストライカーだった。

開催国ドイツとコスタリカ。コスタリカの圧倒的不利。現に試合はそうなった。にもかかわらず、そんな試合が引き締まって見えたのはコスタリカの見せた強烈なカウンターでの決定率で、事実、フリンクスのこれまた美しいゴールまでどうなるか分からなかった。結果の見える試合が楽しめたのは見事なストライカーの存在から生まれる一瞬の恐怖感を存分に味合うことができたからだった。

シェフチェンコ(ウクライナ)、アデバヨール(トーゴ)、ドログバ(コートジボアール)、ケジュマン(セルビア・モンテネグロ)、今大会はそんな一瞬の恐怖感を多く味わえる大会なのかもしれない。

スポーツブログ最前線へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

人気ブログランキング

サイト検索/記事検索ができるランキング形式のブログ総合サイト。

banner.gif

1日1回、クリックお願い申し上げます。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

MONTHLY ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

プロフィール

sports information

Author:sports information
FC2ブログへようこそ!

リンク歓迎、コメント・トラックバックともにお気軽にどうぞ

A COUNTER

無料ホームページ ブログ(blog)

オススメ書籍

マイアミの奇跡ー28年ぶりに出場したアトランタオリンピックで何が起きたのか。選手の本音から語られる真実。

28年目のハーフタイム
  • 日本サッカーは成長したのだろうか。ワールドカップ予選,ジーコジャパン,Jリーグという面から語ってみる。
  • 警鐘
  • 過去のワールドカップの隅々まで知りたい方にオススメです。
  • 決定版 ワールドカップ全史

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    SEARCH

    GOOGLE SEARCH

    Google

    24ー本当にハマリますー

    シーズン1誘拐テロ、 シーズン2核兵器テロ、 シーズン3科学兵器テロ、 シーズン4原発テロ

    24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

    AFFILIATE

    スポーツ見るならスカパーでしょ

    RSSフィード

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。