sports information

無期限休止中・・・。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア 2-0 ガーナ

得点
40’ピルロ1、83’イアキンタ1(イタリア)

試合は想定外の高ピッチの展開になった。

イタリアが長短のパスを2枚のCFに向けて出していたのに対し、ガーナはバイタルエリアからの鋭いドリブルという個人技で両チームともに多くの決定機を生み出していた。そんな緊張感が張り詰めた好試合は前半終了間際にイタリアのCF2人を注意しすぎて、チェックの遅れたピルロがミドルシュートを決めて、イタリアが先制に成功する。

前半、決定機の数からするともっと点を入っていてもおかしくなかった。ただ、
ガーナはフィニッシュの精度が悪かった。
イタリアはガーナGKキングストンに高セーブを連発された。

後半、自力に勝るイタリアは安定した試合運びを見せ、伝統の守備能力(うまいファール)とすばやいカウンターが生きてくる。焦るガーナはラインを上げていくが、カウンター技術に長けるイタリアは終了間際、つまらないバックパスのミスからイアキンタが試合を決定付ける2点目が決まる。そのまま試合は終了する。イタリアらしい強さが見えた試合だった。

E組というもう一つの死の組はC組と同様に、順当にチェコ、イタリアという強国が勝ち点を挙げた。今のところ、ドイツ大会に大きな波乱はない。勝ち点2を失ったスェーデンぐらいだけである。今日登場するフランス、ブラジルはどうなるだろうか。

スポーツブログ最前線へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

人気ブログランキング

サイト検索/記事検索ができるランキング形式のブログ総合サイト。

banner.gif

1日1回、クリックお願い申し上げます。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

MONTHLY ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

プロフィール

sports information

Author:sports information
FC2ブログへようこそ!

リンク歓迎、コメント・トラックバックともにお気軽にどうぞ

A COUNTER

無料ホームページ ブログ(blog)

オススメ書籍

マイアミの奇跡ー28年ぶりに出場したアトランタオリンピックで何が起きたのか。選手の本音から語られる真実。

28年目のハーフタイム
  • 日本サッカーは成長したのだろうか。ワールドカップ予選,ジーコジャパン,Jリーグという面から語ってみる。
  • 警鐘
  • 過去のワールドカップの隅々まで知りたい方にオススメです。
  • 決定版 ワールドカップ全史

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    SEARCH

    GOOGLE SEARCH

    Google

    24ー本当にハマリますー

    シーズン1誘拐テロ、 シーズン2核兵器テロ、 シーズン3科学兵器テロ、 シーズン4原発テロ

    24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

    AFFILIATE

    スポーツ見るならスカパーでしょ

    RSSフィード

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。