sports information

無期限休止中・・・。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ 2-1 コートジボワール

得点
23’ファン・ペルシ1、27’ファン・ニステルローイ1(オランダ)
38’B・コネ1(コートジボワール)

オランダらしからぬ試合だった。
コートジボワールの速さについていけず、すばやいプレスに屈し、ミスを犯してピンチを招いた。ペナルティエリア内でも汚いプレーの連続だった。後半も早めの選手交代で中盤を厚くするも効果は薄く、後半は攻められっぱなしだった。

それでもオランダは23分、前の試合のロッベンに負けまいとファン・ペルシが突破からFKを得て、自ら直接ゴールに叩き込んで先制する。その4分後、今度はロッベンが中央に切れ込んでからフリーで待っていたファン・ニステルローイにパスを送り、それをきっちり決め2点差とする。 オランダは数少ないチャンスを生かした。

当初から試合の主導権を握っていたコートジボワールも38‘B・コネのドリブルからのミドルを決め1点差に詰め寄ると、更なる猛攻を仕掛け続け、後半になると攻撃の獰猛さはさらに増していき、ほとんどオランダ陣内でプレーしていた。オランダのSBは上がることができず、守備に専念するしかなくなった。

それでもオランダはこういう状況に陥っても何とか耐えた。数多くのファールを犯しても、何本ものシュートを打たれようと、最後の砦の攻略を許さなかった。なんとか全員守備で逃げ切った。無様な内容ではあったがきっちりと勝利を手にした。ワールドカップでは内容より結果が全て。オランダはオランダの精神に反してまで、結果にこだわったのだった。

初戦のアルゼンチン相手に互角の勝負をして、今度はオランダをイタリアにしたコートジボワールは、ポーランド同様に美しい見事な散り様だった。

それにしてもピッピ、ピッピとうるさくて、判定もひどい審判でした。

スポーツブログ最前線へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

人気ブログランキング

サイト検索/記事検索ができるランキング形式のブログ総合サイト。

banner.gif

1日1回、クリックお願い申し上げます。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

MONTHLY ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

プロフィール

sports information

Author:sports information
FC2ブログへようこそ!

リンク歓迎、コメント・トラックバックともにお気軽にどうぞ

A COUNTER

無料ホームページ ブログ(blog)

オススメ書籍

マイアミの奇跡ー28年ぶりに出場したアトランタオリンピックで何が起きたのか。選手の本音から語られる真実。

28年目のハーフタイム
  • 日本サッカーは成長したのだろうか。ワールドカップ予選,ジーコジャパン,Jリーグという面から語ってみる。
  • 警鐘
  • 過去のワールドカップの隅々まで知りたい方にオススメです。
  • 決定版 ワールドカップ全史

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    SEARCH

    GOOGLE SEARCH

    Google

    24ー本当にハマリますー

    シーズン1誘拐テロ、 シーズン2核兵器テロ、 シーズン3科学兵器テロ、 シーズン4原発テロ

    24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

    AFFILIATE

    スポーツ見るならスカパーでしょ

    RSSフィード

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。