sports information

無期限休止中・・・。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア 1-1(PK5-3) フランス

得点
19’マテラッツィ(イタリア)
7’ジダン(フランス)

“言うまでも無い伝統を持つイタリア”対“まるでイタリアやドイツのような戦いを披露したフランス”。決勝戦だけに確実につまらない戦いになるに違いないと予想していたが、事実は違った。

試合は、以外にも早々動いた。前半7分、マルーダが獲得したPKをジダンが沈める。怪しげな判定だったがフランス優位で動いていたなかでの貴重な先制点だった。イタリアも19分、フランスの恐ろしいほど強固な中央を避けるようにサイド攻撃から得たCKをマテラッツィがビエラに競り勝ち、早々と同点に追いついた。

その後の展開は、研ぎ澄まされた鋭いナイフを最強の盾が防ぐという技術面、運動量とも申し分なく、緊迫した雰囲気で試合は膠着した。後半にビエラが負傷退場したあともチームに大きな動揺は見られず、延長前半の決定的なジダンのヘッドもブッフォンが枠から弾き出した。残念だったのが悪質なマテラッツィへの頭突き。人々の記憶の中には、世界最高選手がWM決勝の引退試合で犯した退場劇は皮肉にも素晴らしいプレーとともに永遠に記憶されるだろう。

肝心の勝負はPK戦にもつれこみ、フランス二人目のトレセゲのシュートがバーに嫌われ、イタリアは5人全員が決めた。イタリアは1982年以来、1994年の悪夢を忘却の彼方に追いやる24年ぶりの優勝を果たしたのだった。

満面の笑みを浮かべ、歓喜の宴を上げるイタリア。一方のフランスは、試合後の落胆も多少冷めているであろう銀メダル授与時にも一切の笑顔は無い。前日に行われた笑顔溢れる不要論の絶えない3位決定戦はただの消化試合かつ親善試合。今日の決勝戦は死闘だった。

ジダンの引退試合とシセの残酷な負傷を胸に刻み、前大会の屈辱を晴らす戦いをしたフランス。セリエAのクラブ八百長スキャンダルに落胆しているイタリアの人々に極上の鎮痛剤を捧げるべく戦ったイタリア。そのことを踏まえての運頼みのPK戦。サッカーの神はイタリアに勝利をプレゼントしたのかもしれない。

スポーツブログ最前線へ
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

人気ブログランキング

サイト検索/記事検索ができるランキング形式のブログ総合サイト。

banner.gif

1日1回、クリックお願い申し上げます。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

MONTHLY ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

プロフィール

sports information

Author:sports information
FC2ブログへようこそ!

リンク歓迎、コメント・トラックバックともにお気軽にどうぞ

A COUNTER

無料ホームページ ブログ(blog)

オススメ書籍

マイアミの奇跡ー28年ぶりに出場したアトランタオリンピックで何が起きたのか。選手の本音から語られる真実。

28年目のハーフタイム
  • 日本サッカーは成長したのだろうか。ワールドカップ予選,ジーコジャパン,Jリーグという面から語ってみる。
  • 警鐘
  • 過去のワールドカップの隅々まで知りたい方にオススメです。
  • 決定版 ワールドカップ全史

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    SEARCH

    GOOGLE SEARCH

    Google

    24ー本当にハマリますー

    シーズン1誘拐テロ、 シーズン2核兵器テロ、 シーズン3科学兵器テロ、 シーズン4原発テロ

    24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

    AFFILIATE

    スポーツ見るならスカパーでしょ

    RSSフィード

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。