sports information

無期限休止中・・・。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎖国開始

「格闘技」参戦ボクサー復帰禁止(日刊スポーツ)

格闘技に関して大した知識などは持ち合わせていないのですがこの措置はスポーツでもっとも愚かな行為ではないだろうか。惨敗がきっかけで禁止措置なんて負け犬根性からくる何ものでもない。k-1でも活躍するような選手を育てることがボクシングの権威を守ることに繋がる一番の近道だろう。そして活躍した選手に憧れてボクシングを始めることが健全なスポーツの発展の形だと思うのですが・・・。近年の格闘技界ブームの流れに逆らったボクシング界はこの措置を続ける限り、死んだも同然といえる。

頂点を極めた人間は次なるステップアップを望むのがスポーツ界に生きる人間の普遍的性質である。キックボクシングやムエタイ、空手など多くの選択肢があるなかでk-1に出れないボクシングを選ぶメリットは・・・。

せっかく亀田という素材が出てきたのに勿体ない。もしも世界チャンプになったとしても次の目標がなくなるなんて。

スポーツブログ最前線へ


スポンサーサイト

コメント

通りすがりのものですが、確かに僕も今回の西日本協会の決定はどうかと思いますが、元々日本のボクシングは
K-1やプライドに存在しない軽量級が主ですのでこの決定以前に日本の多くのボクサーはK-1には出られません、勿論亀田もです。
それと世界王者になった後K-1出ることがステップアップになると書かれていますが僕はそうは思いません。
どうもステップアップという表現を使うとボクシシグの世界王者になること以上にK-1で活躍することのほうが価値があるかのような印象を受けてしまいます。
ボクサーにとって世界王者になることが一つの大きな目標であり、獲った後はそのタイトルを長く防衛し続けていく、または複数階級制覇にチャレンジしていくことこそがステップアップだと思います、亀田も目標は5階級制覇だと公言しています。
個人的には今回の決定はやりすぎだとは感じますが、日本ボクシング界が人気回復のためにK-1やプライドと絡む必要はないと思います、K-1も話題づくりのためにプライドと絡みだしてからつまらなくなったと感じるので。
ボクシングの人気回復にはボクシングの試合で魅力的な試合を提供していくのが近道でなくても一番の方法だと思います、長文失礼しました。


そうですね。一理あると思います。現在のk-1MAXではライト級(61.23kg)以上の体格が必要な感じがします。しかしk-1に軽量級の大会が新たに開催されるかも知れませんし、そのときにこの措置でボクシング界が人材不足に陥っているのではないかと危惧してしまいます。なんせこの措置のきっかけはボクシングが弱いと宣言している様なもんですから。(私自身はボクシングが弱いとは全く思いませんが)

世界王者になった後、5階級制覇に挑むのも一つのステップアップです。防衛を重ねるのも、他のジャンルに参戦するのも、引退して新たな人生を歩むのも選択肢の一つに過ぎません。協会が新たな活躍の場を制限するのは勿体ないと感じるのです。

ボクシングの試合で魅力的な試合を提供していく?人材不足で悩むボクシング界でそれができますか。人気のあるk-1やプライドを利用する考えはありませんか。

日本ボクシング界は人材不足。
そうですね、現在日本に世界王者は4人いますがどの王者もバンタム級以下の軽量級で試合振りはやや地味(こないだの長谷川はいい試合をしましたが)、K-1やプライドの中重量級の迫力のある試合を見慣れている一般視聴者にアピールできるのは亀田のみ(世界王者になると面白いと思う選手はいますが)という状況でそういう意味では確かに人材不足だと思います。

ただ僕個人としてはやはりボクシング人気のためにK-1やプライドを利用するのは反対です。
かつてK-1がややマンネリ化してきた頃に話題づくりのためかプライドと積極的に関わるようになりました。
結果マンネリ化の打破、世間の注目を集めるという点で異種格闘技路線は一定の成功を収め、サップの登場により始まった所謂色物路線によりK-1はかつてないほど世間の注目、人気を集めました。
しかし反面、選手の実力差を無視した話題先行のマッチメークが増え、それまで培ってきたK-1の競技性は薄れしまい従来のK-1ファンのファン離れが起きてしまいました。しかも最近では世間にすら色物路線は飽きられつつのに一度始めた色物路線からなかなか元の路線に戻すことができないでいます。

僕はボクシングという競技が好きなのでK-1の二の舞にはなって欲しくありません、確かにK-1やプライドを利用すれば一時的に人気を回復することはできるかもしれませんがそれはボクシング人気ではなく異種格闘技人気、そしてボクシング本来の競技性は薄れK-1と同じように必ず迷走を生むことになると思います。

結局ボクシング人気の回復には軽量級でも亀田のような一般人にもボクシングの魅力を伝えれる選手の登場を待つしかないと思います、長々と書いてしまって本当に失礼しました。

実力差を無視した話題先行のマッチメークが増えてきているのは残念でなりません。k-1 Dynamite!!が色物路線の典型だと思います。今年の曙VSボビーは他のブログでも多くの批判が出ました。私もこのような色物話題作り型対戦は望んでないうちの一人です。なぜ今、リアルファイトのプライドが人気を博してきたことをk-1は判っていないのかも知れません。

k-1などに参加しろとは言いませんが今回の復帰禁止措置では結局ボクシング人気の回復には怪物といわれるようなインパクトある新たな選手の登場を本当に待つだけです。長期的にみると優秀な人材は他ジャンルに流出し、一層の人材不足を生み、だいぶ待たないといけない可能性が高いです。これからのボクシング界が不安でなりません。

偉そうに長々と書きまして本当に失礼しました。どんなスポーツでも発展のためには絶対議論は必要であると思っています。恐れずにどんどん意見を出していってください。そのためにブログが存在するのですから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

人気ブログランキング

サイト検索/記事検索ができるランキング形式のブログ総合サイト。

banner.gif

1日1回、クリックお願い申し上げます。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

MONTHLY ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

プロフィール

sports information

Author:sports information
FC2ブログへようこそ!

リンク歓迎、コメント・トラックバックともにお気軽にどうぞ

A COUNTER

無料ホームページ ブログ(blog)

オススメ書籍

マイアミの奇跡ー28年ぶりに出場したアトランタオリンピックで何が起きたのか。選手の本音から語られる真実。

28年目のハーフタイム
  • 日本サッカーは成長したのだろうか。ワールドカップ予選,ジーコジャパン,Jリーグという面から語ってみる。
  • 警鐘
  • 過去のワールドカップの隅々まで知りたい方にオススメです。
  • 決定版 ワールドカップ全史

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    SEARCH

    GOOGLE SEARCH

    Google

    24ー本当にハマリますー

    シーズン1誘拐テロ、 シーズン2核兵器テロ、 シーズン3科学兵器テロ、 シーズン4原発テロ

    24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産) 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

    AFFILIATE

    スポーツ見るならスカパーでしょ

    RSSフィード

     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。